デンセイシリウス株式会社。システム構築/ソフトウェア開発/IT機器、半導体・電子部品販売/保守・サービス等、お客様のニーズにエレクトロニクスとITでお応えします。

採用情報

先輩社員の声

 

■先輩社員達からのアドバイス(一部紹介)


<2020年度入社>
面接本番は、どんなに練習していても緊張してしまうと思います。なので、失敗しても大丈夫という心の余裕を作れば、自然体で話すことができると思います。過度に緊張せず、頑張ってください。





<2020年度入社>
企業が掲げている理念やマインドが、自分に合っているかや、自分が将来目指したい姿やビジョンを明瞭にし、それに自分が近づくことができる企業かどうかを考え、企業を選ぶと入社後の不安や後悔が減ると思います。

<2020年度入社>
他人に頼ることに慣れて、悩みは一人で抱え込まないようにすると気が楽です。社員から直接話を聞ける機会は大事にしましょう。

<2020年度入社>
情報を集め、企業や業界の視野を広げていきましょう。説明会や社員への質問時間を利用して、ネットでは分からない深い部分を探り、自分の方向性に合う企業を見つけてください。

<2019年度入社>
面接選考の時に、緊張しないで話せるようになる事を目指すのは難しいですが、「自分らしく」を心掛けると少し落ち着いて話すことができるかもしれません。自己分析などで「自分らしさ」を見つけて、あまり背伸びはせず、自然体で話すことで自分の魅力を伝えることができると思います。頑張ってください。

<2019年度入社>
就活は不安なことが多いと思いますが、あまり深く考え過ぎずに何かアクションを起こしてみることが大切だと思います。どんなに小さいことでも大丈夫です。必ず自分の糧となります。

<2019年度入社>
面接が苦手という人は練習してその場の雰囲気に慣れるのがいいと思います。練習すれば緊張しなくなるわけではないけれど、自分の考えや思いを伝える力がついてきて苦手意識もなくなると思います。頑張ってください。

<2019年度入社>
説明会には積極的に参加すること、面接練習は何度も行うことが大切だと思います。面接では明るく元気な声で取り組むことも大切です。

<2019年度入社>
実際に入社してみての感想として、上司や先輩社員の皆さんは優しく、面倒見のよい方ばかりで安心しました。人間関係によるストレスをためたくない人に向いている職場だと思います。開発の職業を考えている学生の方は、経験や知識の有無ではなく、この職業が自分に向いているのかを考え、アピールすると良いと思います。未経験でも適性や興味があれば、知識や経験は後からついて来るはずです。

<2018年度入社>
就活は気になる会社があれば説明会に参加してみること、面接が苦手であれば練習を何度もすることが重要だと思います。また、面接は練習だけではなく雰囲気を知ることも大切だと思います。

<2018年度入社>
面接の際、質問には変に嘘をついたりせず正直に話すのが良いと思います。特に元気や自分らしさを出せると非常に大きいアピールポイントになります。また、職務に対しての知識が無くとも、入社後に先輩方が丁寧に教えてくださるので気負う必要はありません。存分に残り少ない学生生活を楽しんでください。

<2018年度入社>
私は、特別に何かを意識することはせず、自然体かつ過去の自分の思い出話をするくらいの気持ちで臨みました。大事なのは、しっかり睡眠をとって頭をリラックスさせることです。頑張ってください。

<2018年度入社>
面接で上手くやれるか心配という人は多いと思います。どこでも言われているかもしれませんが慣れです。自分の中で喋ることがある程度決まっていると思いますが、まずはそれを日常的に口に出して練習してみることが大切です。


 



page top